1. HOME
  2. 作業環境測定とは何?正しく実施す…

塗料ブログ

作業環境測定とは何?正しく実施することのメリットを解説します

労働基準監督署の人が来て、作業環境測定をするように指示を受けたけど、よく分からない…。

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
実は
屋内で塗装の仕事をしている会社では、作業環境測定を行なうことが「義務」となっています。

この記事では、作業環境測定について詳しく解説します。
正しく実施することによるメリットについても紹介しますので、最後までご覧ください。

<目次>
①作業環境測定とは何か?
②作業環境測定を行うことのメリット
③作業環境測定のことはミドリ商会にお任せください


作業環境測定とは何か?

作業環境測定は、有機溶剤など人体にとって有害物質を扱う作業現場において、
作業環境の実態を把握するために行なう、サンプリングと分析のことです。

ミドリ商会のお客様のほとんどは、有機溶剤を屋内で取り扱われています。
この場合は、
6ヶ月以内ごとに1回、つまり1年に2回は、作業環境測定にて
作業現場の有機溶剤濃度を確認しなければなりません。

作業環境測定は、現場で働く労働者の安全と健康を確保するために、事業者に課せられている義務です。
間違いなく実施するようにしましょう。

 

作業環境測定を行なうことのメリット

作業環境測定を行なうことで、労働者と事業者の双方にメリットがあります。

労働者にとってのメリットは、作業環境測定が行なわれて、作業環境が改善されていくことにより、
健康的に仕事をすることができることでしょう。

一方の事業者にとってのメリットは、作業環境測定を適切に実施しておくことで、
「労基局の突然の監査」や「労働者から健康被害を訴えられた時」などの
リスクを回避できることです。
作業環境測定を行なうことで、労働者と事業者ともにWin-Winの関係が築けます。

 

作業環境測定のことはミドリ商会にお任せください

作業環境測定は労働者の健康に大きく関わるので、事業者に実施が義務づけられています。

「どこに依頼すれば分からない」や「実施したけど、作業環境の改善方法が分からない」という方は、
ぜひミドリ商会にお問い合わせください。

プロの測定専門業者の手配はもちろんのこと、塗料専門商社として培った知識とノウハウを最大限に活用し、
最適な現場づくりをサポートします。

おすすめ記事

2021.02.01
環境配慮型塗料とは?ー商品に貼付されてい…
2020.09.11
環境配慮型塗料のモニター企業様を募集して…
2021.06.01
湿式塗装ブースの悪臭が気になる…それAQ…
2020.11.18
湿式塗装ブースの廃液の処分にお困りではな…
2018.06.25
ものづくり職人特集Vol.2
2021.02.19
アルミニウムなどの「非鉄金属」への塗装に…





TEL CONTACT
PAGE TOP