1. HOME
  2. 黄色の塗料は透けやすい?下塗りを…

塗料ブログ

黄色の塗料は透けやすい?下塗りをしてキレイに塗装しよう

「黄色い塗料を塗ったら、下地が見えてしまった…。」という経験をしたことはありませんか?

塗装した後に下地が見えることを「透ける」と言います。黄色の塗料は、特に透けやすいことで有名です。

本記事では、黄色の塗料をキレイに塗装する方法を紹介します。塗料が透けて困っている人は必見です。

 

黄色の塗料が透けやすい理由

黄色の塗料は隠蔽力(いんぺいりょく)が弱く、塗装した際に透けやすくなります。

隠蔽力とは塗料を塗った時に下地を隠す力のことです。黄色や白、赤は隠蔽力が弱く、逆にグレーや銀、黒は隠蔽力が強くなります。

以前は黄色や白の塗料でも、透けることは多くありませんでした。塗料の顔料が有鉛タイプだったためです。

塗料業界でも鉛フリー化の動きがあり、現在は無鉛塗料が主流になっています。

鉛フリー化と同時に、透けやすいという問題が増えたと言えるでしょう。

 

黄色の塗料を透けさせない方法

黄色の塗料を透けないようにするため、重ね塗りをする方も多いかもしれません。

下地を隠そうと重ね塗りをした結果、規定の膜厚に収まらないこともあるので、注意が必要です。

黄色の塗料を透けさせないためには、下塗りが大切となります。詳しく確認していきましょう。

下塗りをする

上塗りで黄色を塗る時は、素地を真っ白の状態にすることが鉄則です。

下地処理(プライマー)で、白色を先に塗装することで、黄色の塗装がキレイに仕上がります。

上塗りする塗料に合わせて、プライマーの色を調色してもよいでしょう。

黄色の塗料の場合、プライマーも黄色に近い色を選べば、上塗りが透けにくくなります。

薄く塗り重ねる

黄色の塗料は膜厚によって、色の濃淡が変わるのが特徴です。

厚塗りすると、同じ黄色でも見た目が変わってしまう恐れがあります。

黄色の塗料を塗る際は、薄く塗り重ねることを意識しましょう。

何度か重ね塗りをすることで、キレイに仕上がります。

 

まとめ

黄色の塗料が透けやすいことは間違いありません。

塗料の顔料が原因なので「透けやすい色」と思って意識することが大切です。

実際に黄色の塗料がどれだけ透けやすいかは、下記の動画でご確認ください。

ミドリ商会では、黄色の塗料を塗る際に使うプライマーを提案できます。気になる方は、ぜひお問い合わせください。

ミドリ商会塗料コンサルタント水野雄介

友だち追加

■関連動画:黄色の塗料は透けやすい?!




おすすめ記事

2021.03.05
塗膜の評価の仕方・方法が分からない!とい…
2017.08.01
新しい取り組み
2021.02.04
作業環境測定についてもう少し詳しくご説明…
2021.07.12
作業環境測定とは何?正しく実施することの…
2023.08.28
有機則と特化則の違いをわかりやすく解説!…
2018.07.04
ものづくり職人特集Vol.3





TEL CONTACT
PAGE TOP