1. HOME
  2. 耐熱塗料は色々な種類がある!おす…

塗料ブログ

2021.04.16

耐熱塗料は色々な種類がある!おすすめの耐熱塗料を紹介

工場の加熱設備やプラントの煙突など高温になる部分には耐熱塗料が使用されます。

この記事では耐熱塗料の種類を解説し、おすすめの耐熱塗料を紹介します。

<目次> 

① 耐熱塗料とは?
②耐熱塗料の種類と選び方のポイント
③ おすすめの耐熱塗料を紹介


 

耐熱塗料とは?

一般的な塗料の耐熱温度は約80~100℃ですが、耐熱塗料は100℃以上の温度でも使用可能な塗料です。

なぜ高温に耐えられるかというと、塗膜の主成分である樹脂に秘密があります。

耐熱塗料に使用されるのは、熱によって分解されにくいシリコーン樹脂です。

高熱の過酷な環境下でも塗膜が劣化しにくくなっています。

耐熱塗料の種類と選び方のポイント

ひとことで耐熱塗料といっても、色々な種類があります。

塗り方によって刷毛やローラーで塗るタイプ、スプレーで塗布するタイプ、マーカータイプなどがあります。

一番ポピュラーな種類は刷毛やローラーで塗るタイプです。

耐熱塗料を選ぶ時のポイントは次の3つです。

  1. 被塗物温度に合った耐熱温度を選ぶ

  2. 耐候性や耐食性などの機能で選ぶ

  3. 施工方法などの使いやすさで選ぶ

 

耐熱塗料は適性な耐熱温度で使用しなければ効果を発揮することができません。

一般塗料よりも高価ですので、安全を見て耐熱温度は被塗物温度+約100℃で選定しましょう。

含有されるシリコーン樹脂の種類により、耐候性や耐食性の機能を持った耐熱塗料もあります

使用する環境を考慮して、選定するとよいでしょう。

また耐熱塗料の使いやすさも選定のポイントです。作業性が良い耐熱塗料であれば嬉しいですよね。

 

おすすめの耐熱塗料を紹介

数ある耐熱塗料の中でもおすすめなのが、大信ペイントが製造する「テルパス」です。

耐熱塗料テルパス

耐熱塗料テルパス

テルパスのおすすめポイントを紹介します。

  • 耐久性(1コートでも、他社の2コート以上の性能)
  • 作業性(1コートで済むので、作業時間が短い)
  • 素材適性(鉄、ステンレスどちらにも塗装が可能)

 

一番の特徴は下塗1回、上塗1回の1コートでも高い塗膜性能を発揮するということです。

何度も塗り重ねる必要がないので、塗料の使用量を減らして、作業時間を短くできます

またテルパスは鉄とステンレスのどちらでも塗装が可能です。他社の塗料では鉄には一般塗料、ステンレスには

ステンレス専用塗料と使い分けが必要ですが、テルパスでは使い分ける必要がありません。

マスキングや使用塗料の変更の手間が省けるのも、テルパスを使う嬉しいポイントです。

テルパスが気になる方は、ぜひ一度ミドリ商会までご連絡ください。

 

 

おすすめ記事

2020.09.18
溶剤型塗料が無くならないワケ
2019.06.10
鉛・クロムフリーさび止め塗料「ダイドーエ…
2020.11.07
黄色の塗料は透け易い?!
2021.02.26
プライマー?シーラー?サフェーサー? 塗…
2020.12.14
環境配慮型塗料とは?ー特定化学物質障害予…
2019.06.14
2液ハイソリッドウレタン樹脂塗料「ヴィン…





TEL CONTACT
PAGE TOP