1. HOME
  2. 塗料の組み合わせに注意をして塗装…

塗料ブログ

塗料の組み合わせに注意をして塗装のちぢれ(リフティング)を防ごう

乾燥した塗膜の上に、他の塗料を塗った時に、下塗りしていた塗料が縮んだり
浮かび上がったりしたことはありませんか?
この塗装トラブルのことを「ちぢれ」と呼びます。

リフティング・ちぢれ

塗装のちぢれを起こさないようにするためには、塗料の組み合わせに注意が必要です。
この記事では塗装のちぢれが起こる原因を紹介し、
ちぢれが起こりやすい塗料の組み合わせを紹介します。


塗装のちぢれ(リフティング)とは

下地塗料に上塗り塗料を塗った時に、上塗り塗料に含まれる溶剤によって
下地塗料が侵されることがあります。
溶剤によって侵された下地塗料が縮む「ちぢれ」という塗装トラブルです。
別名で「リフティング」とも呼びます。

塗装のちぢれは1回塗りの場合は起こりません。
あくまで塗料を塗り重ねる時に起こる塗装トラブルです。
いつもと同じ塗装方法や乾燥時間で作業をしていても、ちぢれが起こったり起きなかったり
作業者を悩ます永遠の課題と言えます。

 

塗装のちぢれ(リフティング)が起こりやすい塗料の組み合わせ

塗料のちぢれは、塗料の組み合わせや上塗り塗料に含まれる溶剤が強いことが原因で起こります。
中でも塗料の組み合わせには注意が必要です。
特に下記のようなパターンで、塗装のちぢれが起こりやすいとされています。

下塗り塗料:乾燥が遅い弱溶剤系の塗料+上塗り塗料:トルエンやキシレンなどの強溶剤を含む塗料

上塗り塗料に含まれる強い溶剤が下塗り塗料を侵しやすく、塗装のちぢれが最も起きやすい組み合わせです
この組み合わせには注意しましょう。

 

塗装のちぢれ(リフティング)を解決する塗料を紹介

ミドリ商会では、大信ペイントの「レスタック」という塗料を取り扱っています。
レスタックはフタル酸樹脂塗料とアクリル樹脂塗料の良いところを組み合わせた塗料です。
フタル酸樹脂塗料の速乾性を維持しつつ、
ちぢれが起きないことが最大の特徴といえます。
今まで塗装のちぢれに悩まされてきた人は、ぜひ一度試してみてください。
お問い合わせをお待ちしています。

おすすめ記事

2021.09.20
特化則とは?特定化学物質を正しく理解して…
2021.02.04
作業環境測定についてもう少し詳しくご説明…
2021.02.19
アルミニウムなどの「非鉄金属」への塗装に…
2019.03.13
ペンキって?
2021.09.27
有機則とは?対象となる事業者や有機溶剤取…
2019.11.22
マンセル色立体





TEL CONTACT
PAGE TOP