1. HOME
  2. 作業環境測定の管理区分って何?3…

塗料ブログ

作業環境測定の管理区分って何?3つの管理区分について解説します

作業環境測定で第3管理区分に指定されてしまった…。

作業環境測定を行なった後に発行される結果報告書の中には、管理区分の項目があります。
第3管理区分に指定されてしまうと、何か問題があるのでしょうか?

この記事では、作業環境測定の管理区分について解説します。最後まで読んで頂くと、
「第3管理区分は問題があるかどうか」も分かるでしょう。ぜひ最後までご覧ください。

<目次>
①作業環境測定とは?
②作業環境測定の3つの管理区分
③作業環境測定はミドリ商会にお問い合わせください


作業環境測定とは?

作業環境測定は、有機溶剤を扱う屋内現場や騒音が発生する作業現場において、
作業環境の実態を把握するために行なう調査と分析のことです。
この作業環境測定は、労働者の安全と健康を守るために、事業者に義務付けられています。

有機溶剤を屋内で使用している現場の場合は、
6ヶ月以内ごとに1回、作業環境測定にて、対象現場の有機溶剤濃度調査が必要です。
また作業環境測定の実施記録を3年間は保存しておく必要があります。

 

作業環境測定の3つの管理区分

作業環境測定では、作業環境の状態を第1管理区分、第2管理区分、第3管理区分に区分して評価します

  • 第1管理区分:作業環境管理が適切にできている状態
  • 第2管理区分:作業環境管理に改善の余地がある状態
  • 第3管理区分:作業環境管理が適切でない状態

この中で第3管理区分に指定されてしまった場合は、直ちに現場の点検を行ない、
有機溶剤濃度を下げるために、
局所排気設備などの導入などの対策を講じる必要があります

第1管理区分に指定されていれば、何の問題もありませんが、すぐに作業現場の改善をするのは難しい
というお客様も多いと思います。まずは最低限、第2管理区分に指定されるように意識しましょう。

 

作業環境測定はミドリ商会にお問い合わせください

「作業環境測定をどのようにすれば良いか分からずに困っている」という方は、
ぜひ一度ミドリ商会までお問い合わせください。

プロの測定分析業者の手配から、作業環境改善のための塗料や設備の提案までトータルで
プロデュース致します。

作業環境測定は、「作業現場の健康診断」です。
適切に実施して、安全で健康的な作業現場を作り上げていきましょう。

<YouTubeで動画も公開しています>

おすすめ記事

2021.03.13
塗料は何%で希釈すれば良いの?
2021.01.08
環境配慮型塗料とは? ー作業者が健康障害…
2018.06.25
ものづくり職人特集Vol.2
2021.08.19
環境配慮型塗料とは?溶剤型塗料に代わるお…
2021.09.20
特化則とは?特定化学物質を正しく理解して…
2020.08.26
オンライン相談会について





TEL CONTACT
PAGE TOP