1. HOME
  2. 工作機械のオーバーホール

塗料ブログ

工作機械のオーバーホール

昔の工作機械は本体のつくりが頑丈で、大切に使えば一生ものと言われます。
高い加工精度を出すために鋳物が多く使われ、剛性や耐久性に優れ、年数を経る事でより製品の制度が安定していきます。
そこで良質な機械本体を継続使用するために、フルオーバーホールを施し、購入当時に匹敵する高い加工精度を取り戻せば、安定した生産を継続する事ができます。
また、新しい機械購入と比較した時、少ない投資額で使い慣れた工作機械が蘇ることも魅力です。

ものづくりの現場をサポート
当社は材料販売のみならず、様々なサービスを手掛けています。

おすすめ記事

2023.07.19
シンナー中毒は塗装作業で起こる?症状や事…
2022.01.12
塗料に使用期限はある?古くなった塗料の見…
2020.06.07
調色(ちょうしょく)とは?
2019.06.10
鉛・クロムフリーさび止め塗料「ダイドーエ…
2018.07.04
ものづくり職人特集Vol.3
2021.09.20
特化則とは?特定化学物質を正しく理解して…





TEL CONTACT
PAGE TOP