1. HOME
  2. 塗膜の評価の仕方・方法が分からな…

塗料ブログ

塗膜の評価の仕方・方法が分からない!という方にぜひ読んでいただきたい!

塗膜の評価基準について

金属製品を製造・販売されている企業様のほとんどが、出荷前もしくは組立て前の工程で塗装をされていると思います。
被塗物(金属・非鉄金属)に塗料を塗装すると、塗膜が形成されますが、中には、塗膜の評価の仕方・方法が分からない!
というお客様がいらっしゃいます。

そこで今回は下記テーマで情報をお伝えしていきます。
※参照元:日本塗料検査協会「塗膜の評価基準」

———-

塗膜の評価基準「碁盤目試験」について

 

1.要旨

2.器具

3.試験片

 

4.操作

5.判定


———-





1. 要旨


試験片の上の塗膜を貫通して、試験板の記事面に到達するまでの切り傷を、営利な刃で切りつけ、切れ目からの傷の広がりの大小のよって、塗膜のもろさや生地への付着性の劣否を推定する。



2. 器具


・カッターナイフ
JIS G4401に規定するSK -2で作られ、硬さはHv820+30のものを折取線から折り取って新しい刃を出し、塗面から35°〜45°の角度で手で持っている。

・カッターガイド
塗膜の平行線状の切り傷をつけるには「カッターガイド」を用い、すき間板の間に刃先を差し込んで引き切ると、操作が用意にできる。
すき間板の間のすき間は11個あって、違いに隣り合うすき間同士の間隔は、1.0±0.1mmである。



3. 試験片


試験片は、個々の塗料の規格にする方法によって作る。



4. 操作


試験片のほぼ中央に、直行する縦横11本ずつの平行線を1mmの間隔で引いて1cm2の中に100個のます目ができるように碁盤目状の切り傷をつける。切り傷をつけるにはカッターガイドなどを用いてカッターナイフの刃先を塗面に対して35°〜45°の範囲の一定の角度に保ち、塗膜を貫通して試験板の生地面に届くように、切り傷一本について約0.5秒間かかって等速に引く。



5. 判定


試験片3枚のうちの2枚以上について、塗面に現れた碁盤目状の傷の状態を観察し、下記に示す評価点数を定める。

評価点数傷の状態
10切り傷の1本ごとが、細くて両側が滑らかで、切り傷の交点を正方形の一目一目に剥がれがない。
8切り傷の交点にわずかな剥がれがあって、正方形の一目一目に剥がれがなく、欠損部の面積は全正方形面積の5%以内。
6切り傷の両側と交点とに剥がれがあって、欠損部の面積は全正方形面積の5〜15%。
4切り傷による剥がれの幅が広く、欠損部の面積は全正方形面積の15〜35%。
2切り傷による剥がれの幅は4点よりも広く、欠損部の面積は全正方形面積の35〜65%。
0剥がれの面積は、全正方形面積の35〜65%





塗膜の評価の仕方が分からない!という方、いかがでしょうか。
小難しい表現が多く、分かりづらい点もあるかと思います。


もっと詳しく聞いてみたい!という方はお気軽に当社までご連絡下さい!


<鉄と塗料の密着が悪くてお困りの方はこちらをチェック!>

鉄の塗装のプライマー処理について

<さらに鉄と塗料の密着力を向上させたい方必見!>

塗膜の密着性&防錆力UP!

おすすめ記事

2021.05.28
塗料の組み合わせに注意をして塗装のちぢれ…
2021.06.14
凝集剤AQ-BPαを使って湿式塗装ブース…
2021.01.29
工場の営繕・修理におすすめの塗料がありま…
2021.07.12
作業環境測定とは何?正しく実施することの…
2021.09.20
特化則とは?特定化学物質を正しく理解して…
2021.09.13
労働安全衛生法とは?塗装業務に関わる内容…





TEL CONTACT
PAGE TOP