1. HOME
  2. スプレーの取り回しが良くなるツー…

塗料ブログ

スプレーの取り回しが良くなるツール

噴射ボタンを押すだけでスプレーできる「エアゾール缶」は便利ですが、以下に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

「スプレーの取り回しが悪い」「スプレーする時に、塗料が指に付く」「指が疲れる」

本記事ではこのような悩みを解決できるツールを紹介します。

エアゾール缶での塗装にお困りの方は必見です。

 

スプレーの取り回しを良くする「スプレーハンドル」

エアゾール缶で塗装を行う際は、簡単に取り付けられる「スプレーハンドル」がおすすめです。

その名の通り、スプレー缶に取り付けるハンドルとなります。

老舗のスプレー充填屋が開発した商品で、頻繁にスプレー缶で塗装するお客様にご好評頂いている商品です。

 

スプレーハンドルを使うメリット

噴射ボタンを押すだけで塗料が出るエアゾール缶は、気軽に使えて便利ですが、取り回しが悪かったり、指が疲れたりするのが欠点です。

スプレーハンドルを使うことで、多くのメリットがあります。

  • 取り回しが良くなる
  • 人差し指が疲れない
  • 塗料が指に付かない

それぞれを詳しく確認しましょう。

取り回しが良くなる

エアゾール缶での塗装は、人差し指で噴射ボタンを押しながら行うため、取り回しが悪くなります。

スプレーハンドルを使えば、ハンドルを握ると塗料が噴射されるため、一般的なスプレーガンと同じ感覚で塗装が可能です。

人差し指が疲れない

長時間にわたって噴射ボタンを押し続けると、人差し指が痛くなってきて、作業性が落ちます。

スプレーハンドルを使えば、人差し指への負担を軽減可能です。

ストレスなく長時間の塗装ができるでしょう。

塗料が指に付かない

エアゾール缶は、噴射口が手に近い位置にあるため、塗料が指に付きやすくなります。

少しだけなら気にならないかもしれませんが、毎日塗装する方であれば、ストレスを感じるでしょう。

スプレーハンドルを使えば、塗料が指に付くことが少なくなります

 

スプレーハンドルの使い方

スプレーハンドルの使い方はとても簡単で、以下の要領でエアゾール缶に取り付けるだけです。
(当製品は、エアゾール缶の内径が24〜25mmのエアゾール缶に対し、装着可能です。
 多くのエアゾール缶の内径は24〜25mmであると思われます。) 

①まずは円の手前側部にスプレーハンドルのフック部を引っ掛けます
 ※エアゾール缶からボタン(噴出部)を外すと、スプレーハンドルを装着しやすくなります。

②次に、円の奥側部にスプレーハンドルのフック部を上から押しつけてはめ込みます

注意点:スプレーハンドルの引き金に人差し指をかけておかないこと!

人差し指をかけた状態で上から押さえつけると、ノズルから塗料が出てしまいます!

 

まとめ

エアゾール缶を使った塗装に不満がある方は、スプレーハンドルの使用をご検討ください。

スプレーハンドルは使い回すこともできますが、作業性を考えると複数を同時に使うことがおすすめです。

ミドリ商会では、1個700円(※最低5個~ )にて販売しております。 

送料についてはご購入者にてご負担いただき、メーカーから直送いたします。

ご購入の数により送料は変わりませんので、なるべく多くご購入頂く方がお得だといえます。

気になる方はぜひお気軽にミドリ商会へお問い合わせください。

おすすめ記事

2020.11.07
黄色の塗料は透けやすい?下塗りをしてキレ…
2022.07.27
固化剤で産廃費用を削減!水性塗料の処理は…
2020.08.26
オンライン相談会について
2021.07.20
作業環境測定って何?作業環境測定士や測定…
2021.02.24
ケレンとは?塗装におけるケレンに関する基…
2020.04.20
一斗缶の取扱い方(高濃度アルコールをご購…





TEL CONTACT
PAGE TOP