1. HOME
  2. ケレンには種類がある?1種、2種…

塗料ブログ

2021.02.26

ケレンには種類がある?1種、2種の違いをチェック

ケレンには種類がある?1種、2種の違いをチェック

ケレンは塗装における重要工程の一つです。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、語源は英語の「clean(クリーン)」からきているとも言われており、塗装前の下地をキレイにする工程です。ケレンについて確認していきましょう。

<目次>

①そもそもケレンとは?

②ケレンの4種類をチェック

③ケレンが塗装に必要な理由


そもそもケレンとは?

ケレンとは塗装前の鉄などの素材に対して行なう下地処理のことです。素材に塗料が密着しやすい様に、下地をキレイにする工程だと覚えておきましょう。新品の鋼板などの場合は黒皮を、再生品の素材の場合はサビや死膜をケレンで落とします。
ケレンはショットブラストやサンドブラストなどの大型設備や、ディスクサンダーなどの電動工具を使って行ないます。素地の調整程度によって、1種ケレンから4種ケレンまでありますが、いずれの工程もかなりの労力が必要です。

ケレンの4種類をチェック

ケレンには素地の調整程度によって1種から4種まで分類されます。それぞれ簡単に確認してみましょう。

1種ケレン・・・サビ、死膜を完全に除去し、鋼材面を露出させる

2種ケレン・・・サビ、死膜を除去するが、完全には除去しない状態

3種ケレン・・・活膜を残して、サビと死膜を除去する

4種ケレン・・・粉化物やその他の汚れを除去する

1種ケレンはサビや死膜を完全に除去するためにショットブラストやサンドブラストといった大型設備が必要です。2種ケレンから4種ケレンまではディスクサンダーなどの電動工具やブラシなどの手動工具を使います。

ケレンが塗装に必要な理由

1種から4種まで程度の違いはありますが、いずれにしてもケレンは労力がかかる工程です。塗装前の工程であり、重要視されないケースも多くあります。ケレンはなぜ塗装に必要なのでしょうか?
ケレンは2~3年後の塗装の状態を左右します。ケレンをしなかった場合、どんなに良い塗料を使ってもサビを防ぎきることができません。その為、塗装が剥離してしまうことにつながります。ケレンは労力がかかりますが、将来の塗装の状態にとっても必要不可欠な工程です。「ケレンを制する者が塗装を制する」といえるでしょう。

<ケレンに関する他の記事はこちら>


ケレンとは?塗装におけるケレンに関する基礎知識


<サビに関する記事はこちら>


良いサビ?悪いサビ?

鉄の塗装に使える塗料!ミドリ商会おすすめはこれ!

鉄の錆止めにおすすめの塗料をご紹介します!

おすすめ記事

2020.04.20
一斗缶の取扱い方(高濃度アルコールをご購…
2019.03.13
ペンキって?
2021.03.29
耐熱塗料を使う温度帯は?使用する時の注意…
2021.03.12
塗料って難しい!注文する時には色だけを伝…
2021.01.07
鉄の塗装のプライマー処理について
2019.02.04
コンクリート表面含侵材





TEL CONTACT
PAGE TOP