1. HOME
  2. 法改正により、溶接ヒュームの濃度…

塗料ブログ

2021.01.13

法改正により、溶接ヒュームの濃度測定等が義務付けられました!

今月は溶接ヒュームの濃度測定に関するお問い合わせを多数いただいております。

 

溶接ヒューム濃度測定

溶接ヒューム濃度測定





特定化学物質障害予防規則が改正され、令和3年4月1日より施行されます。
それに伴い、金属アーク溶接等をされている事業主様は様々な対応が必要になります。

金属アーク溶接等作業により発生する溶接ヒュームは、労働者に健康障害を及ぼす恐れがあるため、
空気中の溶接ヒュームの濃度を測定しなければならないことが義務付けられました。






概要を資料にまとめましたのでご確認下さい。

溶接ヒューム濃度測定

溶接ヒューム濃度測定








測定の目的は、濃度に見合ったマスクを使用し、適切な作業環境(全体換気・局所排気)を作ることです。

また、特定化学物質作業主任者の選定も義務化されますので、資格取得も必要です。



お問い合わせいただいた企業様一件一件、丁寧にご説明をさせていただいております。

オンライン(ZOOM)でのご対応も可能ですので、お困りの方はご連絡下さい。

 

<溶接ヒューム濃度測定についてもっと詳しく知りたい方はこちら!>



<濃度低減措置にヒュームコレクターをオススメします>

おすすめ記事

2018.01.25
製缶工事もおまかせください!
2019.04.04
想いを繋ぐ
2017.03.05
作業環境測定
2021.05.07
冷却装置架台に塗布されました。
2020.06.18
機械部品塗装
2021.05.21
溶接ヒューム濃度測定のお問合せが増えてい…





TEL CONTACT
PAGE TOP